自己破産できるのは人生で1度だけです

人が自己破産できるのは人生で1度だけです。

厳密に言うと2度免責が認められるケースはあります。


しかし、こういったケースは例外であり、何度も借金を帳消しに出来ると考えるのは安易であり、控えるべきです。

自己破産の申し立ては裁判所で行う事になります。

裁判所の裁判官は債務者に対して、何度も借金帳消しの免責は認める事はありません。債務者は1度目の手続きで、再び同じ過ちを繰り返さないといった姿勢を裁判官に見せています。
だからこそ、裁判官は債務者に対して、借金帳消しの免責を認めるのです。

今までになかった過払い金の請求について知りたいならこちらです。

つまり、何度も自己破産の手続きを行う債務者は、反省していないと裁判所に受け取られてしまうのです。


何度も手続きにやってくる債務者は、裁判所側からみれば、前に見せた態度、姿勢は嘘だったのかと受け取られても仕方がありません。


よって2度目の免責を勝ち取るのは難しくなります。


つまり、普通の破産者になる確率が高く、借金も自力返済です。

自己破産という制度は、困った債務者を救済する制度です。

過払いの金の便利な情報を集めたサイトです。

債務者の都合の良い時だけ、借金をゼロにする制度ではないのです。

だから本当の意味で、人生に1度だけのチャンス、権利となります。こういった事を踏まえると、安易に自己破産に踏み切るのは控えるべきだとわかるはずです。

過払いの請求に関する情報をご覧ください。

人生の中で本当にピンチなった時、どうしようもなくなった時にこそ、選択する手続きです。
ただ借金がゼロにしたいから、ラク出来るからと考えて、選択する選択肢ではない事を認識しておきましょう。

2度目は無いとしっかり考えた上で、手続きに入るかどうかを決めてください。